介護(ヘルパー)の求人/正社員/パート/アルバイトの仕事/求人を探す 【カイゴジン】

企業インタビュー

株式会社ケアリッツ・アンド・パートナーズ

宮本 剛宏氏

代表取締役社長 宮本 剛宏氏

株式会社ケアリッツ・アンド・パートナーズ

東京都内を中心に訪問介護事業所を展開。
従業員満足度向上を目的に人材への投資を惜しまず、現在急成長中。

利益を従業員に還元することは当然だと考えています。

―御社は何をやっている会社ですか?
介護事業とIT事業の2つの事業があるんですが、介護に関しては23区を中心に訪問介護サービスや居住介護支援サービスをおこなっております。
―ITと介護って珍しい組み合わせですね。
そうですね。ITに関しては私が前職でITコンサルティング会社で営業職をしており、起業するときに何人かの部下や仲間がついてきてくれたので、創業当時からIT事業を行っています。他社向けのシステム開発の他、自社向けのITシステム構築や介護関連の自社サービスなども手掛けています。
―どうして介護事業に取り組もうと思ったんですか?
理由は2つあります。まずはこれから団塊の世代が高齢化していき、日本国内でますます必要とされる業界であるということ。2つ目は我々の強みであるITを活用して経営の効率化をはかれる業界であるという事です。介護業界は他の業界に比べてとても非効率な経営をしている企業がたくさんあるんですよね。つまりITを使った効率化の余地がたくさん残っているということです。
―具体的にどういうことをされているんですか?
そんなに変わったことはしていませんよ(笑) 例えばスタッフ間での情報共有にメーリングリストを使ったり、請求業務でIT化を進めたり、日常の業務にかかわるほんの些細なことの効率化に着手しています。それによってスタッフは本業であるお客様との時間に集中できるようになりますし、残業をなるべくしないでいいようにしてワークライフバランスが取れるようにしています。事務作業の持ち帰りはうちの会社ではまずありませんね。また本社では各事業所の就業状態をほぼリアルタイムで把握できるので、隣り合う事業所で急な欠員が出た場合は即座に人員を再調整して現場の負荷を軽減するようにしています。
―会社の特徴は?
利用者さまに対して提供するサービスの8割は正社員が担っています。こうすることによってスタッフには長期的で安定したキャリアを築くことで成長していってもらい、質の高いサービスをご利用者様に提供できるようにしています。
また半期に一度必ず全スタッフが上長との面談を行います。自分自身のキャリア形成についての相談はもちろんですが、日々現場で感じている課題を浮き彫りにして組織的に解決するようにしています。よく社内で研修や勉強会を行うんですが、この面談で吸い上げた課題を解決できる内容のものを企画しています。
―正社員比率が高まると経営は難しくないですか?
人件費が高くなるので当然難しくなりますね(笑) でも、そこは経営方針として割り切ってます。実際、他の介護事業社と比べると人件費率はかなり高いほうだと思います。ただ我々は利益を従業員に還元することは当然だと考えています。介護はサービス業としての要素が強く、人材の質がサービスの質に直結します。つまり、モチベーションとコミュニケーション能力が高い優秀な人材に長く働いてもらえる環境が必要なんです。当社が企業として成長するために、他社と比べて高い人件費率であっても人材への投資や利益の還元を縮小するつもりは一切ありません。企業として成長するためには優秀な人材がしっかりと成長し、活躍できる環境を提供しなければご利用者様にご満足頂くことはできませんから。ITを駆使した経営の効率化によってスタッフが本業に専念できる環境をつくって給与で還元する仕組み作りを徹底しています。
―どんな人材が活躍していますか?
よく、なぜ常に求人を出しているのですか?人が足りないのですか?と聞かれることがありますが、訪問介護は優秀なスタッフがいればいるだけ、どんどん売り上げを伸ばせる業態です。そして、まだまだ新しい事業所も多い状況ですので、基本的には常にどの事業所でも人材を積極的に募集させていただいています。
スタッフに求める資質としては「素直さ」「謙虚さ」「柔軟さ」の3点です。技術や経験も大切ですがそれよりも重視しています。この3つの資質があって、高い意欲で働くスタッフは必ず成長します。例え未経験者の方でもこの3点をもっている方はすぐに成長するので、当社ではそういう方がたくさん活躍していますよ。
―最後に今後のビジョンについてお聞かせいただけますか?
都内23区すべてに事業所を出すという当初の目標は予定よりも早く達成見込みです。(2014年6月時点で22区に出店) 今後は訪問介護で100事業所を関東全域に広げていきます。施設介護にも着手していく予定で、来年夏には開業予定。我々は業界でも最高水準のサービスを提供している自負があるので、利用者様が施設に移られる際も当社の質の高いサービスを安心してご利用して頂けるようにしていく予定です。

株式会社ケアリッツ・アンド・パートナーズ 会社概要

代表者 宮本 剛宏
設立 2008年7月 資本金 1000万円
事業内容 訪問介護、居宅介護支援、福祉用具
ITシステム開発事業

今後はサービス付高齢者住宅事業にも参入予定
従業員数 350名
年間売り上げ 110,000万円
この企業の求人一覧へ

その他の企業インタビュー

ページの先頭へ